私たちの紹介

未来を託すこどもたちに自慢できる大空町をめざして

有機農業から始まる街づくり

生きていく上で食べるという事がいかに大切か、日常のなかで当たりまえ過ぎてついおろそかになってはいないだろうか、健康を考えれば安心・安全・おいしいの方が良いに決まっていると誰しも思うのだが・・・。そんな疑問で始まった有機農業の活動、人の輪が広がり人々の知恵や汗でさらに大きく広がり、参加している人々はもちろん地域全体も健康で元気になる、それは子供達と大空町に明るい未来を約束することにもなります。

食育へのとりくみ

当町の基幹産業である農業について、住民の「食」への関心を呼び覚まし、未来を担う子供達の健やかな成長を願って、大空町では今、人間として生きる基本の「食の大切さ」について、地域ぐるみで再認識しようとしています。
「大空町の食と農を考える協議会」では子供達に有機栽培圃場を使った農業体験や、ホテルのシェフを招いての料理実習教室、講師の先生による農業についての授業など、さまざまな学習を通じて自然と触れあう楽しさ、収穫の嬉しさ、食べることへのありがたさを実感してもらうための活動をしています。大人達から子供達へと伝える農と食の大切さ、日本の未来のためにも伝えていくべきではないでしょうか。そのような願いを込め、私たちはこの活動に取り組んでいます。

新しい農業へのとりくみ―地域の人々が手をつなぐ―

有機農業を通して地域興しはできないかとの思いから、農業法人「大地のMEGUMI」を中心に、地元・大空建設業協会・めまんべつ産業開発公社の交流が始まりました。お互いのノウハウを活かし、有機農業の経営拡大加工食品の開発・販売など、異業種が交流することで、今までにはない農業のかたちが生まれようとしています。

さらに有機農業=循環型農業の考えのもと、地元である網走湖で現在厄介もの扱いされている水草や枯ヨシを土づくりに活用できるのではと、野菜の試験栽培を行っています。この活動にも異業種交流のノウハウが活かされていることは言うまでもありません。

構成団体

株式会社大地のMEGUMI
大空建設業協会
めまんべつ産業開発公社
大空町
大空町教育委員会

 

 

大空町の食と農を考える協議会

所在地 北海道網走郡大空町女満別日進306(大地のMEGUMI事務所内)
電話 0152-74-3020  FAX 0152-74-3181 【受付時間 平日9時~17時】
メール otoiawase★daichinomegumi.net(★を@に変えてから送信してください)